マンスリーマンションはどういった特徴なのかを紹介します

サイトマップ

ベランダ

一般賃貸物件とマンスリーの違い

虹

一般賃貸物件とマンスリー(ウィークリー)マンションと呼ばれる物件にはどんな違いがあるのかまとめてみたいと思います。

1:敷金(保証金)・礼金・仲介手数料不要
一般賃貸物件の場合は契約時の費用として、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃等、家賃の約1ヶ月分が必要。マンスリーマンションの場合は1ヶ月分の家賃で利用できる。

2:家賃は一般賃貸物件の約1.5倍~2倍
初期費用が安い分、家賃は一般賃貸の1.5倍~2倍だが、一般的な条件で比較した場合、3ヶ月以内の契約であれば、マンスリーマンションの方が得な場合が多い。

3:生活必需品がそろっている
必要最低限の生活用品が揃っている為、急な転勤・出張でも安心できる。
電化製品を揃える手間が省けて、引っ越し準備も楽にできる。

4:期間限定なので住宅問題がおこりにくい
一般賃貸のような長期滞在ではなく、短期間で入居者が変わる為、隣人とのトラブルがおこりにくい。

5:通常の敷金精算がない
一般賃貸と違い、退去時の敷金精算問題がおこりにくく、契約内容によるが、退去時に清掃代を支払うだけで良い。
清掃代は企業・契約プランにより様々なので、事前に確認する必要がある。
電気・ガス・水道などの光熱費の精算方法も確認が必要。

以上、5点が一般賃貸物件とマンスリーマンションの違いになります。
利用の目的に合わせて使い分けるのが良いでしょう。

更新記事

一覧へ

コンテンツ一覧

Copyright © 2017 マンスリーマンションはどういった特徴なのかを紹介します All Rights Reserved.